2018/06/20

世界AR/VR関連市場規模は2022年2,087億ドル(年平均71.6%)、日本は遅れるが製造や輸送で成長

ar_vr_cagr2022

前回、VR(仮想現実)AR(拡張現実)のビジネス分野での拡大の可能性について、米国調査会社のガートナー(Gartner)とIDCが発表しているレポート資料を参考に考えていきました。

先日2018年6月19日、「2022年までの世界AR/VR関連市場予測」をIDC Japan株式会社が発表していますので、その概要を整理します。

このレポートでも、各産業の主要プレーヤーが次世代AR/VR機器を利用した同テクノロジー利用を展開していくにつれて、ビジネス利用への意欲はさらに高まると予想しています。

 

» 続きを読む

2018/06/19

ブルー・オーシャン・シフト(Blue Ocean Shift)の5つのステップ

ブルー・オーシャン・シフト(Blue Ocean Shift)

W・チャン・キム(著)、レネ・モボルニュ(著)、有賀 裕子(翻訳)
出版社:ダイヤモンド社(2018/4/19)
Amazon.co.jp:ブルー・オーシャン・シフト

 

blue_ocean_shift

激変するビジネス環境で生き抜くために
『ブルー・オーシャン戦略』は、新たなステージへ進化する

『ブルー・オーシャン戦略』後、10年に及ぶ研究成果を踏まえた市場創造の指南書!

 

 

書籍『ブルー・オーシャン・シフト』は、あらゆる企業・組織がブルー・オーシャンへ移行<シフト>するための実践的な一冊です。

特に、本書の第2部第5章から13章では、ブルー・オーシャン・シフトの5つのステップを取り上げ、ブルー・オーシャンに近づくための枠組みや分析の指針となるツールが詳細に説明されています。

 

» 続きを読む

2018/06/18

書籍 ブルー・オーシャン・シフト(Blue Ocean Shift)/W・チャン・キム(著)

ブルー・オーシャン・シフト(Blue Ocean Shift)

W・チャン・キム(著)、レネ・モボルニュ(著)、有賀 裕子(翻訳)
出版社:ダイヤモンド社(2018/4/19)
Amazon.co.jp:ブルー・オーシャン・シフト

 

blue_ocean_shift

激変するビジネス環境で生き抜くために
『ブルー・オーシャン戦略』は、新たなステージへ進化する

『ブルー・オーシャン戦略』後、10年に及ぶ研究成果を踏まえた市場創造の指南書!

 

 

本書は、10年前に『ブルー・オーシャン戦略』を刊行した著者が、世界中のブルー・オーシャン・プロジェクトの成功と失敗を比較・分析した結果を基に、最小限のリスクでブルー・オーシャンを創造、支配するための、具体的な手順と体系的なプロセスをまとめた一冊です。

『ブルー・オーシャン戦略』は、44ヶ国語、累計360万部超を売上げ、大きなうねりを生み出し、世界中のリーダーやマネジャーがこの理論を取り入れ、事業戦略を大胆に考え直そうと動き出すキッカケとなった書籍です。

あらゆる企業・組織がブルー・オーシャンへ移行<シフト>するための実践的なツールやプロセスが記述されていますので、ビジネスリーダーの方々がブルー・オーシャンへの移行策を考える上で大変参考になります。

 

» 続きを読む

2018/06/11

VRやARの本格的なビジネス活用は5~10年後、ガートナーのハイプ・サイクルとICDレポートから想定

hype_cycle_2017

VR(仮想現実)AR(拡張現実)、さらにはMR(複合現実)と、その存在は以前からありましたが、いよいよ現実的な活用段階に入ってきています。

今後、ヘッドセットに関する技術、コンテンツやサービスなどが発展していくことにより、その活用分野は拡大していくことが想像できます。

そこで、米国調査会社のガートナー(Gartner)とIDCが発表しているレポート資料を参考に、VRやARのビジネス分野での拡大の可能性を考えていきます。

 

» 続きを読む

2018/06/05

ARやVRが本格的に拡大する兆し、MRやXRを含めた主な違いと今後拡大していく可能性を整理

スマートスピーカと同様に、昨年からAR(拡張現実)VR(仮想現実)を使った様々なデバイスが発売され、それらの活用事例も多くなり、急速に普及してきています。

ar_vr_mr

この分野の事例は以前からあり、以前当サイトでもご紹介してきましたが、近年のプロセッサの小型軽量化や高性能化、関連するコンテンツやサービスの展開などにより、一般向けやビジネス向けに急激に広がってきています。

そこで、AR(仮想現実)やVR(仮想現実)及びMR(複合現実)の主な違いと最近の動向について整理していきます。

 

» 続きを読む

2018/05/29

スマートスピーカのビジネス活用、ビジネススタイルを変える手段となるが全社最適での検討が必要

alexa_for_business

昨年末から音声対話型のAIアシスタントに対応したスマートスピーカが、一般向けに広まってきています。

スマートスピーカが家庭内のプラットフォームとなって、家庭内の様々な電化製品やデバイスを制御できるようになり、その活用シーンは広がっていくことが予想されます

さらに活用の範囲は、家庭からビジネス利用へも拡大することが想定でき、ここではAlexa(Amazon)を参考にして、その可能性を探ってみます。

 

» 続きを読む

2018/05/28

スマートスピーカが家庭内プラットフォームへ、2018年1Q世界出荷台数はGoogleがAmazonを逆転

国内では、昨年末から音声対話型のAIアシスタントに対応したスマートスピーカが注目されています。

smart_speakers_japan

声で語りかけると、アラームやタイマー、天気予報やニュースを音声で返してくれたり、音楽再生や調べもの、メッセージを送信してくれるなど、便利なデバイスです。

 

» 続きを読む

2018/05/21

日立製作所と東芝及び三菱電機の2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想

日立製作所東芝三菱電機から2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

hitachi_toshiba_mitubishi

日立製作所と三菱電機ともに主力事業が好調で、前年同期に対して増収増益となりました。

東芝は、売上高と営業利益は減収減益となりましたが、純損益は4期ぶりの黒字となり、2011年3月期の1,583億円を上回り7期ぶりの過去最高益を更新しています。

この純損益の増益は、傘下にあった米原発大手ウェスチングハウス関連の債権売却益などによるものです。

また、課題となっていた債務超過に関しても、2018年3月末の株主資本が7,831億円のプラスとなり、東京証券取引所への上場が維持されることになりました。

電機とITの決算 ≫ 日立、東芝、三菱電機の2017年度通期決算

 

» 続きを読む

2018/05/17

ソニーとパナソニック及びシャープの2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想

ソニーパナソニックシャープから、2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

sony_panasonic_sharp

3社ともに主力事業が好調で、2017年度通期は前年同期に対して増収増益となっています。

  • ・ソニーは、スマートフォン事業で苦戦したものの他事業部門の好調で売上高及び営業利益ともに過去最高となり、中期計画の目標も達成しました。
  • ・パナソニックは、2015年度までは減収増益が続いていましたが、成長に向けた投資を加速した2016年度を経て、2017年度は「増収増益」へ転じました。
  • ・シャープは、全セグメントの売上高が伸長し、2007年度以来10年ぶりに全四半期が最終黒字となり、2011年度以来6年ぶりの10円復配を発表しています。

電機とITの決算 ≫ ソニー、パナソニック、シャープの2017年度通期決算

 

» 続きを読む

2018/05/09

デジタルトランスフォーメーションの動向-自動運転技術開発の格付けと各社の最近の主な動向-

2018年3月に米国調査機関のNavigant Researchが、自動運転技術開発の格付け(2018年1Q版)を発表しています。

自動運転システムを開発している19社に対して、自動運転技術の開発と展開における相対的な強みと弱点を客観的に評価し、ランク付けをしています。

automated_driving_vehicles

出典
Navigant Research、2018年3月
Navigant Research Leaderboard: Automated Driving Vehicles

 

» 続きを読む

«富士通の2017年度通期決算、売上減収でも事業売却で純利益は過去最高益、2018年度は減収減益

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――