« 前の投稿 | トップページ | 次の投稿 »

2013/09/09

Windows8小型(8インチ)タブレットの比較、新発表の東芝「Encore」とAcer「ICONIA W3-810」

Encore、東芝の次世代Intelプロセッサを搭載したWindows8.1(8.0インチ)タブレットを「IFA 2013」で発表、販売中のAcer「ICONIA W3-810」と主なスペックを比較

Encore

CPU 1.33Ghz OS Windows 8.1 発売 2013年11月(年内)
RAM 2GB ROM 32GB/64GB
ディスプレイ 8.0インチ 1280×800 カメラ 2.0MP
メーカー TOSHIBA US Press Relese(PDF) 直販
価格 $329.99 Amazon

更新
 2013年11月28日 タブレットの比較(2013年冬)、8インチWindows8.1搭載、国内モデルのまとめ
 2013年11月18日 比較表内「Encore」のGPU訂正:当初「Intel GMA」→訂正後「Intel HD Graphics」
 2013年11月18日 「Encore」の国内モデル発表:「dynabook Tab VT484」、11月下旬から順次発売
 2013年11月09日 「ICONIA W3-810」の後継機発表:「Iconia W4-820」、12月中旬発売
 2013年10月20日 比較(2013年秋):Acer「Iconia W4」、Lenovo「Miix2」、DLL「Venue 8 Pro」
 2013年10月6日 製品関連情報:DELLがWindows8.1(8インチ)タブレット「Venue 8 Pro」を発表
 2013年9月16日 製品関連情報:ベンチマークでAtom Z3000の性能をチェック
 2013年9月09日

今年も9月6日から11日までの6日間、ドイツ・ベルリンで世界最大級のエレクトロニクス・ショー「IFA 2013」が開催され、多くの新たなタブレットが発表されました。

その中で、東芝から「次世代Intelプロセッサ」を搭載したWindows8.1小型(8.0インチ)タブレット「Encore」が発表されましたので、主な特徴とスペックを整理します。

発売は2013年11月から、価格は329.99USドル(約33,000円)の予定としており、日本国内へは年内に投入される見込みです。

 

Windows8搭載の小型(8インチ)タブレットというと、すでにAcerから「ICONIA W3-810」が販売されていますが、東芝「Encore」との主な違いは以下の通りです。

東芝
Encore
Acer
ICONIA W3-810
CPU Atom Z3740(4コア) Atom Z2760(2コア)
クロック 1.33GHz 1.8GHz
内臓GPU Intel HD Graphics PowerVR SGX545
OS Windows 8.1 Windows 8.0
RAM 2GB LPDDR3 2GB LPDDR2
ROM 32GB/64GB eMMC 64GB eMMC
ディスプレイ 8.0インチ(1280×800) 8.1インチ(1280×800)
前面カメラ 2.0MP 2.0MP
背面カメラ 8.0MP 2.0MP
無線LAN 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n
カード microSD/SDHC/SDXC microSD
センサー GPS有り
ジャイロ、加速度
GPS無し
照度、ジャイロ、加速度、電子コンパス
Office Home and Student(EUモデル) Home and Business 2013
バッテリー 未定(最大7時間) 約8時間
サイズ(mm)
 高さ
 幅
 厚さ
213.0
135.9
10.68
219.0
134.9
11.40
重量 約479g 約500g
価格(WiFi) $329.99
(約33,000円)
約60,000円
(実売:約45,000円)
  • ・CPUは、「Encore」はAtom Z3740(1.33GHz、4コア)を搭載しています。
    「ICONIA W3-810」がAtom Z2760(1.8Ghz、2コア)に対して、「Encore」は「次世代のIntelプロセッサ」のAtom Z3740(1.33GHz、4コア)を搭載し、GPU(Intel HD Graphics)のカットオフ版を搭載することによりCPU/GPUともに性能が強化しています。
  • ・ディスプレイの解像度は両機とも1280x800ですが、「Encore」は「HFFS」を採用しています。
    「HFFS」は、TFTよりも上下左右に視野角が広がり、高い視認性を実現した技術です。
  • ・カメラは、前面カメラは両機とも2.0MPですが、背面カメラは「ICONIA W3-810」が2.0MPに対し、「Encore」は8.0MPとなっています。
  • ・その他、
    無線LANは、「ICONIA W3-810」が802.11 b/g/nに対し、「Encore」は802.11 a/b/g/n、
    GPSは、「ICONIA W3-810」が非搭載に対し、「Encore」は搭載
    充電は、「ICONIA W3-810」が電源プラグに対し、「Encore」はmicroUSB
  • ・「Encore」は、Connected Standby「InstantGo」機能に対応
    この機能は、スタンバイ状態でも通信を維持して、ニュースや投稿内容などの最新情報、新着メールなどの同期を行うことができます。

「ICONIA W3-810」の最近の実売価格は45,000円前後のようですが、「Encore」の予定価格329.99USドル(約33,000円)は非常に魅力的で、発売が待ち遠しいタブレットです。

 

今回マイクロソフトは、10月に発売するWindows 8.1でディスプレイ解像度の制限を撤廃しました。

当初は、解像度「1,366×768」以上の液晶ディスプレイが「Windows 8ロゴ取得」の要件になっていましたので、7インチや8インチなどの小型(低解像度)タブレットは製品化が困難でした。

今回の東芝「Encore」に限らず他メーカーからも、Windows 8.1搭載の小型タブレットが発表されることに期待が持てます。

 

「Encore」の主な特徴

  • ・CPUは、「Atom Z3740」プロセッサー(1.33GHz、4コア)、グラフィックス GPU(Intel HD Graphics)内蔵
  • ・プリインストールOSは、Windows 8.1(32bit)
  • ・ディスプレイは、8.0インチ(1280×800)、5点タッチ対応HFFS
  • ・RAMは2GB LPDDR3、ストレージは32GB/64GB eMMC
  • ・カメラは、前面が2.0MP、背面カメラが8.0MP
  • ・外部接続には、micro USB、micro HDMI、無線LANはIEEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth
  • ・カードスロットは、micro SD/SDHC/SDXC
  • ・その他、Connected Standby「InstantGo」機能、「Dolby Digital Plus」ステレオ、コンソールゲーム機のセカンド画面として利用できる「Xbox SmartGalss」対応アプリ、「Office Home and Student 2013(EUモデル)」プリインストール
  • ・サイズ:213.0×135.9×10.68(mm)、重量:約479g、駆動時間:未定(最大7時間)

 

主なスペックの比較(掲載時点の情報)

更新版は、11月19日「dynabook Tab VT484」内に掲載

Encore1

2013年11月24日 「Encore」のGPU:「Intel GMA(Gen7)」となっていますが、正式は「Intel HD Graphics」です。

Encore2

Encore3

Encore4

Encore5

Encore6

 

製品関連情報

CPU、GPU性能が桁違いに向上したBay Trail ~ ベンチマークでAtom Z3000の性能をチェック
2013年9月12日 PC Watch

 

他サイトの紹介記事

東芝、“Windows 8.1に最適化”した8型タブレット「Encore」──3万円前後で登場?
2013年9月06日 ITmedia PC USER

【速報】Toshiba、8型液晶搭載Windows 8.1タブレットを展示
~Intel未発表のCPU「Atom Z3740」を搭載
2013年9月06日 PC Watch

[IFA 2013]東芝が初の8インチWindows 8.1タブレット「Encore」を展示
2013年9月06日 IT pro

東芝、Windows 8.1搭載8型タブレット「Encore」を海外発表 - 価格329.99$
2013年9月06日 マイナビニュース

 

関連するタブレット情報(当サイト)

タブレットの比較(2013年冬)、8インチWindows8.1搭載、国内モデル4機種のまとめ
2013年11月28日

タブレットの比較(2013年秋)、8インチWindows8.1搭載、Acer「Iconia W4」、Lenovo「Miix2」、DLL「Venue 8 Pro」、東芝「Encore」
2013年10月20日

「Venue 8 Pro」DELLが次世代Intelプロセッサ「AtomZ3740D」搭載のWindows8.1(8インチ)タブレットを発表
2013年10月6日

「ICONIA W3-810」AcerがWindows8搭載(8.1インチ)タブレットの国内販売の詳細を発表、販売開始は7月11日で価格は約60,000円
2013年6月26日

 

Encore_2

「Encore」東芝

メーカー TOSHIBA US Press Relese(PDF) 直販
価格 $329.99 Amazon

 

|

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket

 

« 前の投稿 | トップページ | 次の投稿 »

4.主要機種の比較」カテゴリの記事

6-3.サイズ:8インチ」カテゴリの記事

7-3.Windows 8/8.1」カテゴリの記事

8-18.TOSHIBA(東芝)」カテゴリの記事

コメント

GPUのご指摘ありがとうございました。
発表当初「Press Relese(PDF)」の情報に基づいていました。
http://socialnews.toshiba.co.uk/realResource.asp?rid=mmhhIDYYYYMMDDReleaseID=12345&d=w&name=Toshiba-Encore-Press%20Release.pdf

お詫びして、訂正させて頂きます。

なお、国内モデル「dynabook Tab VT484」では、「Intel HD Graphics」としています。

http://yaokou.cocolog-nifty.com/tablet/2013/11/dynabook-tab-vt.html

今後ともお気づきの点がありましたら、ご指摘くださいますようお願い申し上げます。

投稿: ATY | 2013/11/24 14:00

AtomのGPUはintel GMAではなくIntel HD Graphicsです。
http://ark.intel.com/ja/products/76759/

投稿: | 2013/11/23 23:32

【製品関連情報】
CPU、GPU性能が桁違いに向上したBay Trail ~ ベンチマークでAtom Z3000の性能をチェック
2013年9月12日 PC Watch

投稿: Atom Z3000ベンチマーク | 2013/09/16 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/58160447

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8小型(8インチ)タブレットの比較、新発表の東芝「Encore」とAcer「ICONIA W3-810」:

» ルンバ 比較 [ルンバ 比較]
ルンバ日本版とアメリカ版の価格・機能を徹底比較! [続きを読む]

受信: 2013/10/23 11:43

« 前の投稿 | トップページ | 次の投稿 »